メニューカテゴリー
  > TOP
> NEWS
> 会社概要
> 工事概算費
> リフォーム事例
> お手入れ方法
> 困ったなと思ったら・・・
> リフォームのご相談・お問合せ
> プライバシーポリシー
> リンク
> サイトマップ
> ブログ
     
  ブログ日々生活デザイン研究所
   
 
オノテック
ライフデザイン株式会社
〒062-0903
札幌市豊平区豊平3条10丁目1番10号
TEL 011-818-1234
FAX 011-812-6447
MAIL ono-corp@onono.jp
   
  快適生活応援サイト
   
   
   
   
お手入れ
 


便座・便ふた・ウォシュレット
オノテックトップページ >> お手入れ方法 >> 便座・便ふた・ウォシュレット
便座・便ふた・ウォシュレット
便座や便ふた、ウォシュレット、ウォームレットはプラスチック素材が使われていますので、酸性やアルカリ性の洗剤で拭くと変色したり割れたりする恐れがあります。
また、ウォシュレット、ウォームレットには電子機器が入っていますから、水などをかけるのもタブー。
安全のために必ず電源を切ってからお手入れしましょう。

便座・便ふた
   
1.水でぬらした柔らかい布を十分に絞り、TOTOウォシュレットクリーナーか台所用中性洗剤をつけて拭きます。   2.便座の裏も忘れず拭き掃除を。   3.便ふたの表面も静電気を起こさないよう、水でぬらした柔らかい布を十分に絞り、拭き掃除をします。

便座と便器の接続部
普通便座または本体ワンタッチ着脱機能付のウォシュレット、ウォームレットは、便座と便ふたを便器から取り外すことができます。ときには外して徹底的にお掃除しましょう。

・本体ワンタッチ着脱機能付 ウォッシュレット、ウォームレット
1.ウォシュレット本体側面の着脱ボタンを押しながら本体を前面に引いて外します。
2.水でぬらした柔らかい布を十分に絞り、TOTOウォシュレットクリーナーか台所用中性洗剤をつけて汚れを拭き取り、その後、水拭きして洗剤分を取り除きます。
3.ウォシュレット本体の中心と便器の上にある取付プレートの中心を合わせ、便器面に本体をすべらせるように押し込みます。「カチッ」と音がしたら取付け完了です。


ウォシュレット
   
1.水でぬらした柔らかい布を十分に絞り、TOTOウォシュレットクリーナーか台所用中性洗剤を含ませて、全体を拭き掃除します。   2.操作部などは、割り箸に布を巻きつけたものや綿棒にTOTOウォシュレットクリーナーまたは薄めた台所用中性洗剤をつけ、汚れを取り除きます。   3.水拭きして仕上げます。
4.ノズルお掃除機能付タイプのものは、電源を入れ、「ノズルそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを出します。   5.柔らかい布で水拭きをします。汚れがひどいときはTOTOウォシュレットクリーナーまたは薄めた台所用中性洗剤を含ませた布で拭き取ります。   6.水拭きして仕上げます。
7.もう一度「ノズルそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを収納します。   注意:ノズルの先端を無理にひっぱたり、まわしたりしないようにしましょう。


普通便座    
1.右の図を参考に、ナットをTOTO便座締付工具などでまわして外し、便座と便ふたを真上に持ち上げて取り外します。取付具にはさまざまなタイプがありますが、外し方の基本は同じです。
 
2.水でぬらした柔らかい布を十分に絞り、TOTOウォシュレットクリーナーか台所用中性洗剤をつけて汚れを拭き取り、その後、水拭きして洗剤分を取り除きます。
 
3.便座と便ふたをはめ、ナットや取付具を元通りに締め直します。
 
 

◆ちょっとしたコラム
トイレを使ったときの、
あのイヤな「おつり」はなくせないの?
トイレ使用時の水はね、俗に言う「おつり」は便器に水たまりがあることが原因です。汚物の落下スピードや重さなどによっては水がはねかえってくることがありますが、この水たまりには下水からの臭気を遮断する大切な役目があるので、なくすわけにはいきません。いろいろ研究はされていますが、汚物の形状は一定ではないため、完全にはなくせないのが現状です。水たまりにあらかじめトイレットペーパーを敷くと、多少おつりは予防できますので試してみてください。


ページのトップに戻る

リフォーム 札幌|オノテックライフデザイン
トップページ | NEWS | 会社概要 | 工事概算費 | リフォーム事例 | お手入れ方法 | 困ったなと思ったら・・・
リフォームのご相談・お問合せ | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ | ブログ
 
 
(c) 2010 onotec LD.co All Rights Reserved